« オイルパステル画《寒三友》 | トップページ

オイルパステル画《無為の門》

Ca391133

 

作為を持たず、自然に任せること

天下みな美の美たるを知るも、斯れ悪のみ。みな善の善を知るも、斯れ不善のみ。
故(まこと)に有と無と相い生じ、難と易と相成り、長と短と相い形(あら)われ、高と下と相い傾き、音と声と相和し、前と後と相い随う。
是を以って聖人は、無為の事に処り、不言の教えを行なう。
万物焉(ここ)に作(おこ)るも、而も辞(ことば)せず、為すも而も恃まず。功成る而も居らず。夫れ唯だ居らず、是を以って去らず。
(老子・2章)

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

|

« オイルパステル画《寒三友》 | トップページ

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215705/48114942

この記事へのトラックバック一覧です: オイルパステル画《無為の門》:

« オイルパステル画《寒三友》 | トップページ