« クレヨン画【日々是好日】 | トップページ | クレヨン画【風のささやき】 »

クレヨン画【 草 枕 】

Ca390844_2

 

 夏目漱石の【草枕】の冒頭部分 

山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)
だ。とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高(こう)じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟(さと)った時、詩が生れて、画(え)が出来る。



|

« クレヨン画【日々是好日】 | トップページ | クレヨン画【風のささやき】 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215705/44931879

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨン画【 草 枕 】:

« クレヨン画【日々是好日】 | トップページ | クレヨン画【風のささやき】 »