« 風薫る《クレヨン(オイルパステル)画》 | トップページ | 無題 クレヨン(オイルパステル)画 »

朱色 クレヨン画(オイルパステル)

朱の根来塗り、朱色の回廊、神社の鳥居と朱色は生命の躍動を表すとともに穢れを払う色として、古来より災厄を防ぐ色としても重視されてきました。

Ca390629

エディット・ピアフのラビアンローズをZazが歌うと『21世紀のエディット・ピアフ』と形容されるのも頷ける。
ちなみにZazのプロフィール

ZAZ(本名:Isabel Geffroy・イザベル・ジュフロワ)は1980年、フランス中部の都市トゥールに生まれました。5歳から6年間地元の音楽学校に通い、クラシックや音楽理論、ヴァイオリンやピアノの演奏を習得しました。その後、ボルドー市のCIAM音楽学校に入学。在学中に一番影響を受けた音楽として、ヴィヴァルディの「四季」、エラ・フィッツジェラルドに代表されるジャズ・ボーカル、エンリコ・マシアスやエディット・ピアフを始めとするシャンソン歌手、ボビー・マクファーリン、リチャード・ボナ、そしてアフロ系とラテン系の音楽を挙げています。
卒業後はジャズ・ヴォーカルのアンサンブル活動、バスク音楽のダンス・オーケストラの団員として活躍しました。22歳の頃、後の音楽活動に多大な影響を与える事になるラテン・ロックバンド「ドン・ディエゴ」に加わり、4年間活動を共にします。
2006年、パリに身を移し、キャバレーで週7日間、夜11時から朝の5時までマイク無しで歌う日々を送ります。また同時期に、モンマルトルの路上でも歌い始めます。エディット・ピアフも音楽キャリアの初期には路上で歌っていたこと、そしてピアフとZAZともにハスキーヴォイスの持ち主ということもあり、パリでは徐々に「ZAZはピアフの再来か」という噂が広まって行きます。。
2009年1月、オランピア劇場で行われたシャンソン新人発掘コンテストに優勝し、アルバムデビューへの道が開かれました。

5月貴祥庵ギャラリー (作品を展示販売しています)

5月28日(土曜日)~31日(火曜日)の4日間

貴祥庵HP http://www3.ocn.ne.jp/~samkishi/


|

« 風薫る《クレヨン(オイルパステル)画》 | トップページ | 無題 クレヨン(オイルパステル)画 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215705/40124066

この記事へのトラックバック一覧です: 朱色 クレヨン画(オイルパステル):

« 風薫る《クレヨン(オイルパステル)画》 | トップページ | 無題 クレヨン(オイルパステル)画 »