« クレヨン画《本来無一物》 | トップページ | クレヨン(オイルパステル)画 »

クレヨン(オイルパステル)画《心外無別法》

【心外無別法】(しんげむべつほう)
 華厳経の中心的思想で、唯識思想の基本的主張。この世の諸現象はすべて心の生みだしたもので、心を離れて他の存在はないということ。三界唯一心とともに使われる。しんがいむべっぽう。―大辞林―

無為な行為の蓄積に意味を見出す。

Ca390493


|

« クレヨン画《本来無一物》 | トップページ | クレヨン(オイルパステル)画 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215705/38799333

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨン(オイルパステル)画《心外無別法》:

« クレヨン画《本来無一物》 | トップページ | クレヨン(オイルパステル)画 »