« クレヨン、アクリル画 | トップページ | クレヨン画 »

クレヨン画《庭前柏樹子》

庭前柏樹子(ていぜんのはくじゅし)
「無門関」第三七則 「趙州録」
「柏樹」とは、所謂(いわゆる)、日本の「かしわ」の樹ではなく、柏槙(びゃくしん)といわれるもので、無数に分かれた小枝の周囲に糸杉に似た葉が付き、繁茂力が強く、冬も夏も色を変える事なく、常に緑を誇り、幹は檜に似て赤く、縦じまが美しい樹です。その木が趙州和尚の住した観音院に繁茂していた。其処での問答。

ひとりの僧、趙州に問う「如何なるかな是れ祖師西来意」

州曰く、「庭前の柏樹子」

僧曰く、「境をもって人に示すことなかれ」

州曰く、「吾、境をもって人に示さず」

僧曰く、「如何なるかな是れ祖師西来意」

州曰く、「庭前の柏樹子」

というのが原文です。

「人がどのように生きるか、そしてどのように死んでゆくのか、その答えは、一人一人が考え、一人一人が答えを出す」ことであり、其れに対する真理の答えはない。いくら質問しても答えがないのは、「答えは、全て一人一人の生き方の中にある」。
Ca390465


|

« クレヨン、アクリル画 | トップページ | クレヨン画 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215705/38205243

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨン画《庭前柏樹子》:

« クレヨン、アクリル画 | トップページ | クレヨン画 »