« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

紅額アジサイ!

紅額アジサイ!
紅額アジサイ!
紅額アジサイ!
貴祥庵の紅額アジサイ!
紅額アジサイを調べてみるとどこかが違う。額の花の部分にギザギザの鋸歯状態になっていない。葉っぱの形が小さく縦長く、色が黄緑色で山アジサイ。
大きな違いは花の部分がつぼみの段階でくすんだマゼンダ、開いてしまうと濃いブルー、途中がウルトラマリンと瑠璃の縮緬のように見える。
他のアジサイのように額の部分の花の表が色合いが濃く 裏が白いとなるのでなく反対の裏面が紅、裏面が白い。この部分がこれからどんどん赤みが強くなってクリムソンレーキになっていく。
紅額アジサイなのか変種の紅額アジサイなのか!
未だにこのアジサイと同じのをみたことがない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トリックアート

アートなのか??楽しめれば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溝口健二生誕110年

溝口健二は、『西鶴一代女』『雨月物語』『山椒大夫』で3年連続ヴェネツィア国際映画祭受賞をした監督である。享年58歳という若さで世を去っている。

溝口作品を見てもっと年配の監督かと思うほどの間合いがあることに驚かされる。彼のワンシーン・ワンカットの演出が秀逸であり、特にヨーロッパの映画監督に多大な影響を与えた。

実際の時間を無視した長いシーンの捉え方で人物の心理描写を描いていくやり方は絵画の捉え方にも共通している。昨今の短いワンシーン・ワンカットの連続でスピード感を煽るやり方も彼の捉え方から来ているのではなかろうか。ただ短いよりは長いほうが演出的に遥かに難しいかと。能の宝生流の動きにも似た動きになり 心理描写を主としてくる。

 このような映画は昨今見られなくなってしまった。映画から足をとおのかせてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像ー Nine Inch Nails - 19 - Ghost III

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優しさ

優しさ

優しさ

優しさ

天使の側から見ると
樹木の梢は
大気を吸ってゐる木の根です

                                       ーリルケー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹林

竹林

竹林

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀ノ国

紀ノ国

紀ノ国

紀ノ国の風景。

緑濃い初夏は新緑も和歌山では黒くみえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »